Conversation with Solitude - Summer Collection 2021 -



“Every beauty in this world are composed of a certain speed of gentleness.” - Kaii Higashiyama


The realization came to me in 2020, when the global pandemic became serious and non-human contact was unavoidable, that I have never faced “solitude” before there was no countermeasure against this in my pockets.


The emotional status can not be represented in a simple phrase like “I feel lonely.” Something more forceful as silence when you experience underwater. A queer sensation of breathlessness due to the inapplicability of common practice and a guilty sense of security from all of us being under the same circumstances.


Even in those quiet moments, I sensed the presence of natural beauty all around me. Or rather I was able to sense them because I was alone.


The power of solitude started to reveal its self after I passed a certain degree of loneliness. Fresh ideas never got interrupted once I shut down external informations. It sunk deeper discovering a new self and introducing new concepts. That itself brought me so much joy.


Then I realized, it was not the dramatic flashy colors of nature I wanted to preserve under glass, but the gentle hues I see every day in the corner of my eyes. Something simple as a swift fresh wind from nowhere. My mind was always orbiting around the new concept of color and composition.


  • The gentle curve of the organic shapes

  • The composition uniting with the natural force of life

  • The rightful vibrancy of colors balancing with the law of nature

  • The comfortable tension between color and glass to maintain the concept of simplicity


Spring, 2021. After reconsidering the foundational aspect of natural beauty that touches my soul, I was encountering a new world of lights and colors. It was a new aspect of this world discovered by a silent conversation with solitude, and myself. This new body of work is the collection of the pure joy of gaining a new sensation in my life.





Thank you everyone who came to stop by, it means everything to me. For online supporters, I've updated my Summer Collection page HERE and all the available works are in my shop now.



.....................................................


沈黙との対話


“すべての美の世界は、ある程度のゆるやかな速度によって成り立つものであろう” - 東山魁夷



2020年が明け本格的にパンデミックに突入し、人との接触を避けなければいけない事態に入り、私は初めて気がつく。今まで孤独というものと真正面から向き合ってこなかった私は、その対処方法がわからないのだ。


寂しい、という簡単な言葉で表現できる精神状態ではない。息を止めて水の中にもぐったときのような強制的な沈黙。その新しい世界では今までの常識が通用しないという息苦しさと、全員が同じ状況下にあるという不思議な統一感がもたらす安心感。


だが、不思議とそんな沈黙した世界の中でも私のまわりには常に自然の美があった。というか、みつけられた。一人だったから。


孤独という状態をある程度通り過ぎると、一人でいることの心地よさ、静寂のもつ力を思い知らされる。ある程度外からの情報を一時的に遮断すると、自分の思考が途切れない。いつも何かに途中で遮られていた思考はさらに深く落とし込まれ、新しい自身の状態で新しい概念と出会う。それが新鮮でたまらなく嬉しかった。


そして気がつく。そうだ、私がガラスに閉じ込めたかったのは派手で劇的な自然の表情ではないということに。本当になにもないところに吹く風、そんなものだ。そして私の頭の中では常に新鮮な色彩と構成の概念が駆け巡るようになる。


自然に対立するような構成ではなく、調和を。

ありのままの姿に寄り添うゆるやかな曲線を。

自然の摂理にそった優しい色合いを。

シンプルというコンセプトを崩さない緊張感ある

バランスを。


2021年春、心を動かす自然の要素を根本から見つめ直す静かな時間を過ごした私の世界は今まで以上に新鮮な光と色で溢れかえっていた。沈黙ととの対話を得て、新しく切り開かれた世界が魅せてくれた自然の美しさ。その新しい感覚を得た純粋な喜びを一つのコレクションにしてみました。


立ち寄っていただいた皆様、本当にありがとうございました。コレクションページもアップデートしましたので、是非御覧ください。こちら



Recent Posts

See All