top of page

Breaking Away from Ideology

Last summer, I confronted the importance of exploring my inner creative philosophy. This process remains ongoing, yet I feel a sense of progress by gradually gathering the fragments of my true essence. I've come to realize that this journey will likely be one of continual refinement until the end of my days.


After completing a large-scale installation project and crossing into the beginning of 2024, I found myself extremely exhausted. Everyone experiences a form of "burnout syndrome," and I finally recognized it.


The desire to create still burns within me. However, the motivation to share it with the world eludes me.


Upon introspection, I've realized that my previous reasons for continuously sharing my work with the world are built from two primary sources: the joy of sharing the same senses with others and financial gain. While there's nothing wrong with these motivations, I've come to see their limitations. In the midst of being caught up in a mindless loop of numbers, I've begun to question whether I'm significantly reducing the energy needed to contemplate the true meaning behind sharing my work.


Something is missing in my life that could serve as an additional source of creative energy.


What message do I want to convey through my work?


Is there a reason and value worth sharing?


During discussions with various artists, I was deeply moved by a story shared by a local artist. Despite her artworks often featuring adorable animals and vibrant colors, her reasons for continuing to share her work were quite the opposite. Growing up in a society with strong conformity pressures, she often remained silent even when she disagreed with certain social issues. However, after having a child, she became convinced that remaining silent wouldn't improve her child's future, so she resolved to speak out more actively—through her art. While her art may appear child-friendly at first glance, it contains subtle social messages that only a discerning few can perceive.


After hearing her story, I couldn't help but feel deeply impressed. It wasn't about whether I agreed with her social messages; it was about her strength as an artist. I felt compelled to support her and felt excitement every time she released a new piece. A spiritual connection had formed between us as artists.


That’s right, art has incredible power when it comes to conveying messages.


So, what message do I want to convey? What is the raw voice around me? When I thought about myself and my surroundings, one thing immediately came to mind: "The harder you work, the more inferior you feel." Being in Silicon Valley, I've met many incredibly talented individuals, yet I often hear them express feelings of inadequacy. Phrases like "There's always someone better than me" or "I still have a long way to go" popped out so many times in conversation. It's an evaluation system based on subtracting from a perfect score of 100. While they're truly amazing individuals in my eyes, their self-evaluation seems to suggest otherwise.


We're being socially pressured to be perfect and are becoming slaves to this ambiguous concept.


And yet, we expect perfection from ourselves and others. 


It is still an idea with more room to discuss, but I've decided to start from here—for myself and those around me.


Immersive Collection aims to be the beginning of such ideas and discussions.





"IMMERSIVE"


The collection is a ritual of getting lost in time and finding yourself once again.

The pieces are to serve as a guiding light to remind you of the importance of nurturing your innermost being and embracing the beauty of self-discovery. It allows you to step away from the external world, inviting you into a serene sanctuary where only self-reflection holds dominance.


It's a symbol of self-care, self-love, and the profound journey of self-acceptance.

As broken pieces of glass are gathered and reassembled, they symbolize the inherent resilience within us all, gently pushing us forward on the path of personal growth and empowerment.





.....................................................



イデオロギーからの脱却


去年の夏、私は自分の中の制作哲学を探す重要性と向き合っていた。その向き合い自体は今も変わらず、けど少しずつ自分の本心のかけら達が集まってきている感覚があり、きっとこれを死ぬまで少しづつ磨いていくものなのだろうと悟った。


大型インスタレーションプロジェクトを終え、年をまたぎ、2024年冒頭私は疲れ果てていた。誰もがある「燃え尽き症候群」というやつだ。そして気づく。


制作意欲はある。けどそれを世に出すモチベーションが見つからない。


面白いもので、割り切って振り返ってみれば世に自分の作品を発信し続ける理由なんて今までは「共感から得られる喜び「と「お金」だ。もちろんもっと綺麗な理由があればそれに越したことはないが、生活の為お金は必要である。だけど4年目に入り、それだけを発信理由に留めている事の欠点に気がつく。1つはお金は思考と止めてしまう可能性がある。そして2つ目はお金というモチベーションで動けるアドレナリンには制限がある、ということ。マインドレスなナンバーゲームのループに振り回されている中で、本当の発信していく意味を思考するエネルギーを著しく低下させてしまっているのではないか、と疑問を持ち始めたのだ。


私には何か、制作のエネルギーの足しにもなりうるものが足りていない。


作品を通して何を伝えたいのか。


発信するに値する理由と価値がそこにあるのか。


色々のアーティストに会い、その議論を交わす中でとても胸を打たれた話が聞けた。ローカルのアーティストである彼女の作品は可愛らしい動物やカラフルな色合いで見ていると心の弾むようなものが多い。けど彼女の発信し続ける理由は全く逆の印象を受けるストーリーだった。同調圧力の強い国で生まれた彼女は、今まで社会で起こっている事に反発する意見があったとしても口を噤むことが多かった。けれども子供を授かってからはそれではその子の未来も向上しないと確信し、自分も積極的に発言していこうと心に決める。それもアートで。一見子供の目にも優しいアートだが、ところどころに分かる人にだけ伝わる社会的なメッセージが込められている、というのだ。


その一連の話を聞いた後で率直に、「強い。」と感じた。彼女の社会的メッセージに共感するしないの問題ではなく、そのアーティストとしての芯の強さだ。単純に応援したくなるし、作品が発表される度にワクワクする。私と彼女との間にできる精神的なコネクションが構成されていた。


そうか、何かを伝えたい時ってアートってすごい力を持っているんだ。


では私が伝えたいことは何なのだろう。私と私のまわりのリアルってなんだろう、と考えた時にすぐに頭に浮かんできたことがあった。それは「頑張っている人ほど感じている劣等感」だ。シリコンバレーという地域にいるということもあり、出会う人のほとんどがとても優秀な人達ばかりだが、話を聞いていると常に何か劣等感を感じている話を聞くことが多い。「自分よりすごい人はいる。」や、「自分はまだまだ」のような。100点からの引き算方式の評価基準。私から見たら皆本当に努力している素晴らしい人達なのだが、自己の評価はそうでもないらしい。


完璧であることを社会的に求められ、その曖昧な概念の奴隷となりつつある。


なのに自分にも人にもそれを求める。今促したいアイディアはイデオロギーからの脱却なのかもしれない。


まだまだ議論の余地のある議題かもしれないが、ここから始めてみようと私は決めた。私と私の周りの人たちの為に。


Immersivenはそのアイディアの駆け出しとなるようなコレクションを目指しました。



"IMMERSIVE"


すべては自分自身を取り戻す為の儀式なのかもしれない。

一つ一つの作品が導きの光となり、深い色彩と柔らかな光の中にゆっくりと心を浸していく。時間を忘れ、自分の大切なものを再確認する行為の美しさを思い出す。

ここでは外の騒音は消え、私という自己の存在だけがその精神世界に招かれる。


自分のありのままの存在を受け入れるという自己愛そのものだ。

砕けたガラスの破片は集められ本来私達の中に在る自然の治癒力のように戻される。

ゆっくりとまた明日進み出す為の力を与えてくれる為に。

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page