"Voyagers" First Solo Exhibition in Pleasanton

Well, a LOT happened this past 4 months.


First, getting ready for my solo exhibition collection. It was clear to me that this will be the highlight of the year, so my heart was literally dancing. Spent long hours thinking about how to present the collection and I adored every second of it. It is probably the best part of being an artist.


Along with that joy, it was a period of drastic change in my state of mind as an artist. This is extremely personal but it ended up lifting myself and the creation so I've decided to share my experience here. It is probably what every artist goes through which I was not ready for.


The fact is, for the past 4 months or so, I have seen an increase in harassing emails trying to threaten my business, from just scam-ish emails to envious hate comments. Anonymous scams are part of the internet business so it didn't bother me at all, but the ones that stood out were the ones from "similar-style artists". And this hit HARD. "Wait, why I'm getting this from other veteran mosaic artists?" Instead of ignoring them, I remember taking it personally and it certainly took me down like my heart was being forcefully pulled down.


The first thought in my mind was, "why am I being attacked when I'm just here quietly doing what I love?" Ever since working as an artist, my motto was "High hope, low expectation", just so I can keep a healthy mental status. However, this was an insufficient mindset for a professional artist, which I gradually started to realize through this experience.


I shared my story and feelings with a fellow artist, Nataly Parson, an amazing mosaic artist in Colorado who said,


"Chieko, I think you're just underestimating yourself. The truth is - you have become a great artist and you know people say: "Success comes with the price". I saw many people copying your work, but all I hear from you is kindness and willingness to share your expertise. Because you, probably like me, believe in healthy competition, which should make "similar-style artists" work even more creative. I would say, just keep doing what you're doing. The dogs bark, but the caravan goes on."


What is professionalism? In the early days, it was providing the latest best version of my work, and it never changed since. The hidden required professionalism other than the creational side was not as an "artist", but as a "person with a certain amount of exposure". It is not always the enthusiastic people who will contact you after finding you on Instagram or Pinterest. So never take anything personally, even if it is from other artists. Any negative comments that do not lead to your inner growth are just plain NOISE.


After all the breakdown, my initial motto of "High hope, low expectation" suddenly seemed unfit considering how much I went through. What I set initially to protect myself has become a curse to keep low self-esteem. It even sounded disrespectful toward my clients and even worse, myself.


I couldn't realize it on my own. It is actually hard when you're working by yourself. I had help this time, but the updates must be done by myself from now on. It was a great self-discovery, thank you, Nataly.


So how did this experience influence my collection? Well, it set me on FIRE! After gaining my mental professionalism, I was fearless. (You could probably tell by now I'm pretty simple. lol)


I hope you enjoy my first solo exhibition collection "Voyagers". The official collection page will be viewable on Nov. 13th.





" Voyagers " is a collection of visual maps reflecting the unforgettable experiences of traveling. Embodying that disconcerting feeling of disbelief mixed with excitement, the rapid absorption of new stimuli is reflected from the glass fragments on each surface. Coincidentally, a land where people with different values exist gently guides you to become more receptive to new ideas. For me, traveling is a meditational act of learning and embracing yourself in different circumstances.

The elements constructing this body of work were not only from physical muscle memories but also from the transition of perspective and ideas. The captured colors are the hues collected intentionally and unintentionally as a subtle fluctuation of emotions that were subsequently preserved under the glass to be viewed as a filtered memory. Blank spaces of grout are essential to represent the muted moments of everyday life and to emphasize the experience upon reaching one’s destination. Finally, the scattered pieces of frosted glass reflect the movement of the body, the speed of time, and the overall flow of the journey.

Each piece in this solo exhibition will be a representation of this introspective experience and an answer to the question, “How was your trip?”






...................................................................



ここ過去4ヶ月の間、本当に色んなことがあった。


まずはソロショー用のコレクションの本格始動。これは今年のハイライトとなるだろうと予測していたので、まさに心が踊っている状態。どうプレゼンしようかと練っている時間を過ごすことが多く、毎秒楽しかった。制作人生の一つの醍醐味だと思う。


その楽しさと共に、アーティストとしての心境の変化が最も大きかったのもこの4ヶ月。結果的にこのコレクションにとても良い刺激となったので、とても私的な心境変化だけどここでは赤裸々に話したいと思う。おそらくすべてのアーティストが通る道だと思うし、自分にはその心の準備がなかったのでシェアしたいと思った。


ここ数ヶ月の間、なぜか急激に業務妨害を目的としたようなハラスメントメールが増えた。種類は様々で妬みのような嫌がらせメールから理不尽な侵害メール。普段SNSで発信していたら誰もが体験したことがある事だし、もちろんどこの誰かもわからない人はスルーするのが鉄則なので気にしていなかった。ただここ最近最も多かったのは身元を明かした「同業者」からのもの。これはさすがにメンタルに応えた。「なんで同じモザイクアーティストから?」受け流すことより、個人的に捉えてしまって悲しい気持ちが先行した。心臓を下にぐっと引っ張られたような感覚。


初めに頭に浮かんだのは「ただこじんまりと好きな事をしているだけなのに、なんで攻撃されているのだろう?」という疑問。当初からビジネスを始めるにあたって、私は自分のモットーを「望みは高く、期待は低く」と設定していた。そうでもしないと心が持たないから。しかしそれが実はプロのマインドセットとしては不十分な、落とし穴だという事に後々気づく。


このことをコロラド在住のアーティストに相談したら、こんな言葉をもらった。


「あなたは自分を過小評価しすぎ。現実的にあなたはこの界隈ではすでに立派なアーティストなんだし、成功の代償としてこうゆうのはつきものよ。あなたの作品をコピーしている人はたくさん見かけるけど、あなたは健全な競合を信じているからマイナスな言葉を吐かない。むしろ技術をシェアして、「同業者」同士もっといい作品を作れるよう促している。ただあなたのやりたい事をやり続けて。世間が何を言っても世の中の大きな流れは変わらないから。」


プロフェッショナリズムってなんだろう。当初の自分は、その時点での自分の一番の作品を常に発表することだけだと思ってた。それは今でも変わっていない。だけど、制作以外のメンタルの部分でもう一つ実はあったのは、「アーティスト」としてではなく「ある程度の注目を集める人」としてのプロ意識。SNSやメディアを通して自身の作品を露出した際に、コンタクトしてくるのはそれを良いと思っている人ばかりではないという事。そのマイナス発言を個人的に捉えるのではなく器用に流す事、それが「同業者」からであったとしても。成長につながらない言葉はすべて「ただの雑音」だという事。


踏まえた上で振り返ってみると、当初のモットーであった「望みは高く、期待は低く」はここまで進んできた私にはすでに合わないモットーとなっていたことに気づく。自分を守るために掲げていたものがいつの間にか自己評価を下げる呪いとなっていた。実績を積んだ後の自分が掲げるものとしては、クライアントや私自身にも失礼なモットーのままだったのだ。


自分では気づけなかった。1人でやっていると気づきにくい。今回は人に助けられて抜け出せた。でも更新はこれから自分でしていなかければいけない、新しい学びだった。ありがとうナタリー。


そこで、この心境の変化がどうコレクションに影響しているかというと、もうとにかく燃え上がった。メンタルもプロになった私のコレクションを待ってなさい!みたいな。(お気づきかと思いますが中身は単純なので。笑)


そんな中でも私の身体と心を羽ばたかせてくれる「旅」その経験と心の動きを形にしたくてこのコレクションをつくりました。楽しんでいただければ幸いです。コレクションページは11月13日より公開します。



"「Voyagers - 航海者たち- 」は忘れ難い旅の体験を記したビジュアルマップ。あの旅特有の、落ち着かなさと興奮を混ぜ合わせたような不思議な高揚感。心地よく入り込んでくる新しい刺激たちは、ゆっくりと頭の中を満たしていく。そして偶然にもそこで出会う価値観の違う人々は、自分の中にある心の器を優しく広げてくれる。私にとって旅とは、日常とは異なる環境で自分自身を受け入れる続ける儀式のようなものだ。


コレクションを形成する要素は肉体の記憶だけではなく、自身の中での思考回路の変化工程だ。捉えられた色彩は旅先で意識的と無意識的に集められた色たち。フィルタリングされた途切れない思い出として、ガラスの中へ閉じ込められていく。余白として施されたグラウトは日常に溢れる音を無に帰し、その旅の体験を強調する為だけに存在する。最後に散りばめられた磨りガラスたちは、身体の動きだけではなく、時間の進む速度、そして全体的な旅路の流れを表す。


すべての作品は内省的な体験を形にしたものであり、よく人から聞かれるあの問い「旅行どうだった?」の新しい答え。"






Recent Posts

See All