Art as a statement

Just because it is my birthday week, and I am feeling specially good, I wanted to document this blog for self reminder of my mind status as of 2020.


For an artist, talking about our artwork could be one of the uncomfortable things ever. Obviously we chose not to express in verbal form and rather preferred to do it in artistic physical form. So i don’t know about others, but for me it is just a pain in a butt.



About 10 years ago, I used to work at an art galley in Japan. And thinking back, I used to talk about art all the time. I mean everyday. From 10am until 7pm, I would sit down with a client and present the artist, talk about their artwork and tell how wonderful to have an original artwork in life. 3-7 clients a day almost 2 hour each. It seems crazy for me now, but that was my job and I did enjoyed it. After 2 hours of deep conversation with the clients, I saw their facial expression change, full with hope and happiness and leave the gallery paying quite high amount of money because it was one of those big decisions. Decisions to own something special, not essential for practical living but essential for the heart.


Now I am here in 2020, sitting in front go my laptop wondering what should I write on my artwork description so that people could understand my personal creation adventure, and my sentences are not progressing after an hour. I imaged it would be much easier since it is my own artwork. Obviously I knew WHAT it was in my mind, but verbally I never did.


It is the sharing of senses, and my current statement of my artwork is the following.


" It is the rebellion against the reality of taking nature's beauty for granted. Every particle of light that hits your skin, every wind caressing your cheek, every scent of the fresh green leaves are the result of thousands of scientific miracles nature has built up on its own. Appreciating this fact means appreciating the small things in life. The artworks are my portrayal of its beauty for us to remind ourselves everyday that we are beautiful as we are."



Thank you for reading along and if you agree with my current statement, and just because it is my birthday week please enjoy my 15% off coupon code BIRTHDAY for all artworks available until September 27.



**********************************************************************



声明としてのアート


誕生日の週ということもあってとても気分がいいので、ここで2020年現在の心のステータスを記録しておこうと思う。


作り手としては自分の作品について話すというのは意外と居心地が悪くなる行為だ。そもそも言語での表現ではなく物として表現する事を選んでいる時点で、そうゆう事なんだけど。他の方はどうかわかりませんがもうとにもかくにも難しいのです。



10年ほど前私はある東京のギャラリーで働いていました。今考えればあの頃はずーっとアートの事をしていた。毎日朝10時から夜7時まで。クライアントと一緒に座って画家の話、作品の話、そして本物のアートを持つことの喜びの話。1日に3-7人、ほぼ2時間毎。今のなっては体力あったなという感じだけど、かなり楽しかった。2時間の深い会話の後、クライアントの表情が変わり、希望を胸にいい値段を払って帰っていく。いわゆる「大きな判断」をするタイプの買い物。大切なものを手に入れるタイプの、生きていく上では必要ないけど、心に必要な買い物。


そして今現在。私はパソコンの前に座って自分の作品の概要文章を考え始めて早1時間。全く文章が進んでいない。どうしたら他人がこの心の中で起こる制作の旅を理解してくれるか考えるが、何から語ればいいか分からないのだ。


自分の作品だったらもっと簡単に言葉がでてくるんじゃないかって思っていたのに、全く逆だった。心では「それ」がわかっていたのに言葉では分かっていなかったのです。


感覚を分け合うような感じ。しっかり文章にしてみた、今現在の私の作品の声明とは。


「自然の美しさを当たり前のものとして受け取っている感覚に対する反抗。肌に当たる光の粒子一粒一粒、頬を撫でる風一吹き一吹き、新鮮な香りの葉一枚一枚。そのすべては今まで自然が培ってきた奇跡の積み重ね。この事実に感謝するということは、日常の小さな幸せに感謝すると同じこと。私の作品はその美しさを表現した物であり、私達はありのままが一番美しいということを毎日思い出す為にある。」



こんなところまで読んでくれてありがとうございました。こんな声明に共感してくれるのであれば、誕生日の週だし、このホームページで27日までに使える15%のクーポンコード BIRTHDAY を是非使ってみてください。日本にお住まいの方はこちらのiichiのページは27日まですべて15%OFFの金額で表示しておきます。